« たまてばこフェステイバル、横浜市立浦島小学校、 | Main | あっこちゃんのリサイタル、ヴァイオリン、 »

November 22, 2011

神奈川宿、おりょうさんが働いた料亭田中屋、

一昨日、午前中、地元、東白楽駅集合で、商工会議所主催の歴史ウォーキングツアーがあった。約100人位の人が、10人位の単位に別れて、横浜シテイーガイドの方から案内を聴きながら歩いた。

まず向かったのは、東横線の電車から見える桜の名所・孝道山。東白楽駅脇の細い坂道は、急勾配の心臓破りの坂と云われ、孝道山の裏手辺りに続く道。私は、地元なのに、初めて登った。それから、東横線沿線のフラワー緑道、最近線路が反町駅手前から地下へ潜った東横線のトンネル入り口付近や、昔の新大田駅跡など見学した。

その後、広重の絵にも出てくる東海道・神奈川宿に描かれた、料亭櫻屋(その後、田中屋と改名)にも行った。田中屋は、坂本龍馬の妻おりょうさんが働いていた老舗の料亭。一度行ってみたいと思っていた憧れの店だった。今回は、女将さんの厚意で、チラッと店の中も見せてもらった。明治維新の頃の記念の品々が装飾されて、大変雰囲気が時代を感じさせ、是非食事に来てみたい気持になった。おりょうさんは勝海舟の紹介で田中屋さんで働くようになったと云う。伊藤博文とか明治の政治家がよく訪れた場所と云う。

今回の驚きの、目玉は、私が一緒に歩いていた9人の小グループに、ラフな格好で、坂をフーフー云いながら歩いてらっしゃったご婦人が、何と、その田中屋さんの女将さんその人だったこと。その日は、田中屋さんの女将さんとも一緒にハイキングしたことに、全く仰天した。

田中屋さんの前の旧東海道斜め向かいには、小さな金比羅神社がある。そこは、源頼朝が、石橋山の戦いで敗れ房総へ舟で敗走する時、気象の回復を待つために立ち寄った場所と云う。歴史散歩の愉しさはここにありと思った。

昔の櫻屋(田中屋)の当初の作りの模型は、港北ニュータウンの歴史博物館に展示があると云う。是非訪れてみたいと思う。

|

« たまてばこフェステイバル、横浜市立浦島小学校、 | Main | あっこちゃんのリサイタル、ヴァイオリン、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« たまてばこフェステイバル、横浜市立浦島小学校、 | Main | あっこちゃんのリサイタル、ヴァイオリン、 »