« 早朝、雨の音も心地好い響き、 | Main | たまてばこフェステイバル、横浜市立浦島小学校、 »

November 20, 2011

四縁、三性、修証一等、

この世には色々な縁がある。仏教では、縁には四つの種類があると説く。①因縁:一切の原因は己自身にあると云う縁、②等無間縁(とうむけんえん):前の心が次の心を発すると云う縁、③所縁縁(しょえんえん):対象があるから心が起こる縁、④増上縁(ぞうじょうえん):自分以外の全ての存在の縁、天井が落ちて怪我した時の天井との縁、

その縁や外界に対して、自分がどう見ているのか?仏教では、三性(さんしょう)を説いている。①偏計所執性(へんげしょしゅうしょう):主観的見方、即ち虚像。②依他起性(えたきしょう):縁で出現している世界。③円成実性(えんじょうじっしょう):永遠に存在している真実。

全ては縁に於いて生じている(波の世界)を悟った後、その後、全てが円満に調和している世界(即ち"大海")を知り、そしてまた、波の世界(依他起性)に返られたのが仏陀であられたと、昨日住職から聴いた。

大海(円成実証・一元)を知った後に、再び五感六識の波の世界(偏計所執性・依他起性・二元)に入っても、惑わされることはない。如何なる津波のような縁に出合っても、もう惑わされることはない。

本来、仏である人間が、何故修行するのかとの問いに道元禅師は、「修せざれば現れず、証さざれば得ること無し」(修行と証明は一体である)と説かれている。修行をして悟り(証)しなければ、己の仏性に気づかずに一生は終わると説かれている。(道元禅師の「修証一等(しゅしょういっとう))

色々な縁に就いて、今朝は整理して、自分の人生を、俯瞰してみる。

|

« 早朝、雨の音も心地好い響き、 | Main | たまてばこフェステイバル、横浜市立浦島小学校、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 早朝、雨の音も心地好い響き、 | Main | たまてばこフェステイバル、横浜市立浦島小学校、 »