« 自然の理と人間の法の狭間、 | Main | 全ては"生きている証拠"、そして「さて、死ぬか」の境地、 »

November 26, 2011

富士には絶景の距離がある、

富士山の美しさには、絶景に見える距離があると云う。四国から上京した親友が云っていた。

近づき過ぎても、遠ざかり過ぎても駄目で、一番美しく見える距離があると云う。

確かに、と思う。何事にも、通じることかも知れない。

今朝は、秋の快晴の青空のもと、家のベランダから、遠く、西に富士が望めた。

人生に於いても、何事に於いても、芸術的なほどの絶妙の距離があることを想う。

|

« 自然の理と人間の法の狭間、 | Main | 全ては"生きている証拠"、そして「さて、死ぬか」の境地、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 自然の理と人間の法の狭間、 | Main | 全ては"生きている証拠"、そして「さて、死ぬか」の境地、 »