« わかるが故の愛しさと、わからぬが故の愛しさ、人間どうしの距離感 | Main | 我も仏も無かりけり、一遍上人 »

November 11, 2011

心の中の面積しだい、今ここを生きる

楽しかった想い出が、一人の時の寂しさに勝る。楽しかった想い出が、別離の時の悲しみより勝る。ただ、楽しかったこととと、悲しみの心の中の面積が、そうなれば好い。

ただ、あるべきように淡々と、事象は流れる。

それが、「今ここ」を、積極的に味わって生きることではないかと思う。

一昨日、湯河原の山々を見ながら、そう思った。

|

« わかるが故の愛しさと、わからぬが故の愛しさ、人間どうしの距離感 | Main | 我も仏も無かりけり、一遍上人 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« わかるが故の愛しさと、わからぬが故の愛しさ、人間どうしの距離感 | Main | 我も仏も無かりけり、一遍上人 »