« 運の良さ、運の悪さが、織り成す人生の紅葉風景 | Main | あらゆる矛盾は統一へ向かう、これ即ち菩提心 »

October 29, 2011

琵琶湖西岸、樫田、芭蕉の落雁の句、

昨日、夕食に立ち寄った横浜のレストランで読んだ神奈川新聞の「季(とき)のうた」に、芭蕉の句が紹介されていた。

「病雁の夜さむに落ちて旅寝かな」

芭蕉は、近江八景の一つ、琵琶湖の西岸の樫田にて、雁が仲間の列から離れ、湖上に下りて、わびしく旅寝する様を歌っている。

美しい光景の中、一人、自らの旅を振り返るひととき。そんなひとときは、人生では決して悪くない。人生の旅の情景を際立たせてくれる。

私は、去年の秋に初めて訪れた琵琶湖、琵琶湖の旅愁の光景を想い出す。


|

« 運の良さ、運の悪さが、織り成す人生の紅葉風景 | Main | あらゆる矛盾は統一へ向かう、これ即ち菩提心 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 運の良さ、運の悪さが、織り成す人生の紅葉風景 | Main | あらゆる矛盾は統一へ向かう、これ即ち菩提心 »