« インド・ヴィヴェーカナンダ師・生誕160年の記事、禅との繋がり | Main | 今日から横浜ジャズ・プロムナード、2011年秋、 »

October 07, 2011

調停委員だった頃、人生の造形

昨日は、仕事が立て込んでいて、終業後の、家裁・調停委員の懇親会に出れるか不安だったが、何とか、思いきって、横浜へ直行した。

懇親会自体には遅れて参加出来なかったが、二次会に残られた6名の方々と合流して、久し振りに、調停委員だった頃の世界に返れた。

仕事が忙しい時、一つのことで、頭が一杯になってる時は、別世界の刺激が好い。すっかり仕事の事を忘れて、リフレッシュできた。

調停は、人の話を聴く事が主な、硬い仕事。 調停委員どうしだからか、とてもリラックスして談笑した。

私が、歩いて来た人生に、特異な体験の調停委員だった時期が、厳然としてあったのだと、想い出す。

色々な面を現して、人生は、形作られる。自然の造形の模様のように。私の人生の造形。


|

« インド・ヴィヴェーカナンダ師・生誕160年の記事、禅との繋がり | Main | 今日から横浜ジャズ・プロムナード、2011年秋、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« インド・ヴィヴェーカナンダ師・生誕160年の記事、禅との繋がり | Main | 今日から横浜ジャズ・プロムナード、2011年秋、 »