« 自然の営みの一部としての安らぎ、 | Main | インド・ヴィヴェーカナンダ師・生誕160年の記事、禅との繋がり »

October 05, 2011

強くなければ、弱くなければ、

強い家長のような父の要素、弱くても優しい母の要素、これが合わさって、共に備わってこそ、人格。

知の要素と、情の要素、共に備わってこそ、人格。 共に備わっているのが、神。

どちらか一方に偏ることを、放置してはいけない。人生が壊れて行く。

自然界はすごい。 そのバランスを取って存在している。 そのバランスを取れる生きものを生存させている。

強くなければいけない。そして同時に弱くなければいけない。強過ぎてもいけない。同時に弱過ぎてもいけない。

生きることは、芸術的なバランスの技のようにも思える。


|

« 自然の営みの一部としての安らぎ、 | Main | インド・ヴィヴェーカナンダ師・生誕160年の記事、禅との繋がり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 自然の営みの一部としての安らぎ、 | Main | インド・ヴィヴェーカナンダ師・生誕160年の記事、禅との繋がり »