« 民主主義は勝ったのか? | Main | 琵琶・鶴田錦史、琴・宮城道雄の世界、そして禅 »

October 21, 2011

薩摩琵琶の音色・奥利根の紅葉へ場面は一変、

先週のアラブ要人の来日、今週は実務クラスの訪日団の来日で、この2週間ほぼ、毎日普段より2時間早く出社した。その実務クラスの訪日団も今日、離日するので、午後から休暇を取り、鎌倉へ初めて、サロン・コンサートの薩摩琵琶を聴きに行くことにした。

まさに、緊張の日々の後の、琵琶の音は素晴らしいだろうと想う。平家琵琶もいつか生で聴いてみたい。

明日の休みは思い切って、"紅葉絵巻"の宣伝に惹かれ、はとバスの日帰りツアーへ行くことにした。最初、"長瀞ライン下りと奥長瀞渓谷露天風呂"に照準を定めたが、その日は人数不足で中止になったとのこと。

次なる照準は、私が大学時代にKM観光バスの添乗のアルバイトで行き、魅惑された、群馬の秘境"宝川温泉"と奥利根の紅葉。 これは予約に成功。但し、何と、明日、浜松町に朝06:40 集合とのこと。

明日は、05:40には、家を出発か。 それでも朝型の私は大丈夫。憧れの、懐かしの、宝川温泉だから、気分は、大学時代に返るようなもの。紅葉の山中の谷間の温泉郷に、一軒しかない温泉宿。

薩摩琵琶の音色と、奥利根紅葉・宝川温泉へ出発。

|

« 民主主義は勝ったのか? | Main | 琵琶・鶴田錦史、琴・宮城道雄の世界、そして禅 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 民主主義は勝ったのか? | Main | 琵琶・鶴田錦史、琴・宮城道雄の世界、そして禅 »