« 銀座、新橋、ほろ酔いはしご酒 | Main | 悟り、解脱、の神秘 »

September 18, 2011

「無常観」は、「無我」と共でなければ辛い

無常を感じることも大事だが、無常観と一緒に無我を感じる力が無ければ、修行して来たとは云えない。

こんなことを、昨日の住職は教えてくれた。

無常観だけでは辛い。仏教の無常観が、何となく暗く、嫌われる所以はそこにある。だが、無我を同時に考えられたら、無常観の暗さは一変、霧消して行く。

震災で、この世の無常を知る。哀しみの果てに、その後、誰かの為に役立ちたいと思う心が、自分を忘れさせ、無我を感じさせ始めたら、無常観は最早、哀しみではない。

「個としての貴方」ではない、「全体としての貴方」が感じられて来る。

無我がわからないと、無常観だけでは、救われない。 我を忘れるところに、仏性は宿る。


|

« 銀座、新橋、ほろ酔いはしご酒 | Main | 悟り、解脱、の神秘 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 銀座、新橋、ほろ酔いはしご酒 | Main | 悟り、解脱、の神秘 »