« 朝は赤ちゃん、夜は老人、就寝は死、一日と云う一生 | Main | アイセック、インターンシップ報告会、学生時代のメルヘン »

September 09, 2011

質素は安らぎ、不幸は絆

質素であることには、何故か安らぎを感じる。自分を最小限に主張しているからなのだろうと想う。質素であれば、自然と調和できる。宇宙と一体化を感じることができる。

ちょっとした不幸も、忌み嫌ってはいけない。その不幸が、人を強く繋げてくれている。

「贅沢、幸福」、質素や不幸の、その対極にあるものは、求めている割には、得体の知れない不安を呼び起こす。

質素は、清々しい。

不幸は、人の優しさを際立たせてくれている。


|

« 朝は赤ちゃん、夜は老人、就寝は死、一日と云う一生 | Main | アイセック、インターンシップ報告会、学生時代のメルヘン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 朝は赤ちゃん、夜は老人、就寝は死、一日と云う一生 | Main | アイセック、インターンシップ報告会、学生時代のメルヘン »