« 蝉の声、風の盆、そしてマッカーサーの写真、そんな朝 | Main | 幸せは嘘、不幸は真実 »

September 03, 2011

嵐は人生そのもの、台風の日に、

自分が実際に見ている世界を、大スペクタクル映画の場面と思えば、大迫力に感じることができる。特に台風などの日は。

嵐の日に、じっと家の中で、過ごす一人の時間も、人間が原始的に感じられ愉しくもある。子供時代も、興味深々で、自然の猛威を眺めていた。

嵐は何か意思をもっているかのように、力強い。まるで、抑えられない、ハチャメチャな人生のようにも見える。

嵐は粗雑、静寂な日は繊細。粗雑な樹木、静寂な種子となぞらえて試る。

目に見える人生や、肉体は、粗雑な嵐みたいなものかと思う。そう思うと、滑稽で愉しい。ただ、治まるのを待つ。駄々をこねる子供が、疲れて寝てしまうように、いずれ本来の静寂が訪れる。そして、人間は静寂の美を知っている。

|

« 蝉の声、風の盆、そしてマッカーサーの写真、そんな朝 | Main | 幸せは嘘、不幸は真実 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 蝉の声、風の盆、そしてマッカーサーの写真、そんな朝 | Main | 幸せは嘘、不幸は真実 »