« 破壊は誕生に属する。 全てに仏性、アートマンが宿る | Main | 紙芝居、子供とストロー、真冬のチュウリップ、 »

September 12, 2011

駅からの帰り道、娘との時間

昨日夜、懇親会帰りに、ちょっと酔って駅から歩いて帰宅途中、駅を出てすぐ、会社帰りの娘とばったり、「お父さん」と声をかけられ、一緒に歩いて家へ帰った。

娘の会社は、土日勤務、火水曜日が休みと云う変則勤務で、昨日(日曜日)も普通の出勤日。娘は、最近、任された、ちょっとチャレンジングな仕事に、プレッシャーがかかっていることなど、今の娘の仕事の様子を帰り道、話してくれた。

「悩んでいる時は、海を見に行けば好い」とか、私はアドバイスした。別世界の存在を、想い出すことの大事さを伝えたかった。

「問題は解決しようとしないで、学ばせて貰えば好い」とも、娘に伝えた。娘の心が、軽くなって行くようにも感じた。

ほんの短い15分くらいの、娘と一緒に歩いた、駅からの帰り道。

私は、この偶然は、神様からのプレゼントだと想った。夜道が耀いて見えた。

今日は、十五夜、満月、だと云う。今夜の中秋の名月を楽しみに想う。

|

« 破壊は誕生に属する。 全てに仏性、アートマンが宿る | Main | 紙芝居、子供とストロー、真冬のチュウリップ、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 破壊は誕生に属する。 全てに仏性、アートマンが宿る | Main | 紙芝居、子供とストロー、真冬のチュウリップ、 »