« クマゼミ、墓参り、同窓会、高校生の私 | Main | 館山上空の励ましの声 »

August 15, 2011

柴田トヨさんの詩集のみやげ、帰省の終わりの日、

今回の帰省の帰りに、姉から、読み終わったからと、柴田トヨさんの詩集を貰った。あと書に書いてあったことが、私の感情を、揺さぶった。

「一人暮らしの私の家にはヘルパーさんが週6日、64歳になる一人息子の健一が週1回来てくれますが、正直云えば、ヘルパーさんや倅(せがれ)が帰る時は、悲しくなります。特に健一が帰る時間が近づくと気分が塞ぎ、無口になってしまいます。」

大学時代以来、父母の生前、年に一度か二度の帰省の度に、していただろう、母の想い、父の想い。今は、姉もそんな想いで私を見ているかも知れない。

「でも、私は、その度に歯を食い縛り自分を、叩いて叩いて自分に云いきかせます。"くじけるな、頑張れ、頑張れ"って」、とトヨさんの文章は続いていた。

帰省からまた東京へ帰る時、私が、家の前のバス停からバスに乗り込み、バスの後ろの窓から見た、電信柱のかげで両親が手を振る姿を想い出す。

一昨日朝、コンビニの書籍棚で偶然見付けた「はじめての禅」と云う小冊子に、般若心経が解説されていた。

今日は、住職も東北から東京へ帰って来られる日。静かな、住職の禅の姿を想い出す。全てが修業。人生はどんなことがあっても素晴らしい。ピリッとした想いで東京への帰路につく。

|

« クマゼミ、墓参り、同窓会、高校生の私 | Main | 館山上空の励ましの声 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« クマゼミ、墓参り、同窓会、高校生の私 | Main | 館山上空の励ましの声 »