« 柴田トヨさんの詩集のみやげ、帰省の終わりの日、 | Main | 幸福度向上の5つの行動、 »

August 16, 2011

館山上空の励ましの声

昨日朝、福岡からのフライトで、羽田着陸15分前、座席前のモニターの画面に房総半島の地図が出た時、私は、館山の文字に、住職のことを想った。能忍寺から見た館山の海、布良の海を想った。

羽田まで103キロメートル、地上5500メートル、時速700キロメートル、外気温度マイナス3℃、JAL302便は、09:20大島の南を回り込んで、相模湾を越え、館山の南の上空を越え羽田へ近付く。

館山の文字を見ると、「先生!」と、心の中で叫びたくなる。館山と云う文字だけで救われたような気持になれる。

先生は、朝日でもあり、夕日でもある。

先生のいる館山の上空で、私は、叱咤激励されているような気持になった。今日から、また頑張ろうと思った。

|

« 柴田トヨさんの詩集のみやげ、帰省の終わりの日、 | Main | 幸福度向上の5つの行動、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 柴田トヨさんの詩集のみやげ、帰省の終わりの日、 | Main | 幸福度向上の5つの行動、 »