« 無言館のドキュメンタリー映画、 | Main | ただ、名前を呼んでみただけ、 »

July 07, 2011

生生世世(しょうしょうせせ)を繰り返す小川のせせらぎ、

サラサラと流れる小川のきらめき。水は絶えず動いていることで、清々と、美しく耀く。

それは、終わりに向かっているでもなし、始まりに向かっている訳でもなし。

人は何故立ち止まりたいのだろう。淀んで、濁ってしまうのに。

サラサラと流れる小川の光景は、生まれ出ずることへの讃歌であり、また崩び行くことへの讃歌でもある。どちらに見えても好い。真理は、万物は立ち止まらないと云うこと。生生世世を繰り返す小川のせせらぎ。

"三世両住の因縁"とは、人生の前半は前世と重なり、人生の後半は既に来世と重なって始まっていると云う因縁の話を、以前住職に教えて頂いた。

ただ、サラサラと、清らかな"今ここ"に身を任せて、人生を送る。そんな生き方は素晴らしい。

|

« 無言館のドキュメンタリー映画、 | Main | ただ、名前を呼んでみただけ、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 無言館のドキュメンタリー映画、 | Main | ただ、名前を呼んでみただけ、 »