« 夕日の詩、そして太陽の衣装直し | Main | 平常心にて驚く »

July 01, 2011

旅、もう一人の自分と出遭う旅、旅への憧れ

今は、丁度、JR東日本の「大人の休日クラブ」のキャンペーン期間中で、私も。旅ごころが刺激される。旅を想像するだけでも、私は幸せな気分に浸れる。

ゴトン、ゴトン、ゴトンと云う、ローカル線の線路の音、田園風景、遠くまで続く畑のあぜ道、川、沿線の小さな古びた神社など、車窓の光景は、ゆりかごの中のような穏かさをもたらしてくれる。

日頃、抑えていたもう一人の自分が、大きく背伸びして深呼吸でもしているよう。

自分が旅しているのを見ている、もう一人の自分と、一緒に旅しているのである。

旅は、人生の今の自分の立ち位置を知らせてくれる。仏性は、あの手、この手で、その存在を知らせようとしてくれている。私は、旅すると、そんな、気持になる。私は、旅に憧れる。


|

« 夕日の詩、そして太陽の衣装直し | Main | 平常心にて驚く »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 夕日の詩、そして太陽の衣装直し | Main | 平常心にて驚く »