« 「最大の苦しみ」と「法を知ること」、「表面の束縛」と「内面の自由」 | Main | 身の周りのメルヘン三景、 »

July 04, 2011

虚空世界の静寂、

私は白隠禅師の虚空世界の歌が好きである。住職から聴いて、とても気に入っている歌。

「闇の夜に、鳴かぬカラスの声聴けば、生まれる先の父ぞ恋しき」

「片手の音を聴く」ような世界、永遠にして安らいでいる虚空世界の静けさに酔う。

身体は生命ではない。身体はあってよし、無くてもよし。それが虚空世界。

この世を必要としない。あの世も必要としない。生死を必要としない。生ぜず、滅せず。

江戸時代の当時、白隠禅師のこの歌を聴いて、声を出して大笑した老婆がいたと云う。私も、その場面に加わりたいと思う。

|

« 「最大の苦しみ」と「法を知ること」、「表面の束縛」と「内面の自由」 | Main | 身の周りのメルヘン三景、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「最大の苦しみ」と「法を知ること」、「表面の束縛」と「内面の自由」 | Main | 身の周りのメルヘン三景、 »