« ふらりと会社帰りのアラブへの旅、 | Main | 陸軍参謀本部の場所、鹿鳴館の場所の刺激 »

July 22, 2011

「生きてきちゃった人生」、

昨日夜は、ニューパラダイム研究会(カリスマ会)で、全く面白い方の講演を聴いた。

名刺には、S32年・東大柔道部卒、つでに経済学部卒、あだ名は次郎長と、人を食ったようなユーモアたっぷりの名刺に驚いた。

仕事では、三こう(炭鉱・鉄鋼・出向)を体験したとの自己紹介。

「生きてきちゃった人生」、「できちゃった人生」とかは送りたくない。との表現に、思わず噴出した。

年とったら、仕事から解放されて楽してばかりしてると呆けて、養老院・幼老院人生になる。変化を求め愉しい努力する人は生涯現役・実力現役の元老院人生。単に長生きしても、"息してるタンパク質"みたいなものとか。

自己不安は、自分も守る城を造りたがる。それを、"老人性頑固城主"と云う。哀れな殿様。

高貴高齢者になろう。枯葉や落ち葉でなく、深紅の「紅葉マーク」の人生を送ろうとか檄が続く。

ある意味では、このように、人をからかったような、「茶化した人生観」も痛快で、一本参ったと云う感じだった。

|

« ふらりと会社帰りのアラブへの旅、 | Main | 陸軍参謀本部の場所、鹿鳴館の場所の刺激 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ふらりと会社帰りのアラブへの旅、 | Main | 陸軍参謀本部の場所、鹿鳴館の場所の刺激 »