« 旅、もう一人の自分と出遭う旅、旅への憧れ | Main | 「最大の苦しみ」と「法を知ること」、「表面の束縛」と「内面の自由」 »

July 02, 2011

平常心にて驚く

予期せぬことは常にある。小さな驚きは、恰も波のように、嬉しかったり、哀しかったり。

小さな驚きは、衝撃は大きくても小さくても、常に、何かのメッセージを与えてくれている。

驚きから何を学ぶか。全てが修業の過程。

人は、それぞれに、煩悩、カルマに引き回されて生きているようにも思う。

カルマからの解放は、即ち修業の度合いは、平常心にて驚くことができるか、ではないかと思った。

それは、驚いて、驚きに流されないこと。修業の度合いを知る微妙な尺度だと思う。

全ては、神の摂理のうちに。


|

« 旅、もう一人の自分と出遭う旅、旅への憧れ | Main | 「最大の苦しみ」と「法を知ること」、「表面の束縛」と「内面の自由」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 旅、もう一人の自分と出遭う旅、旅への憧れ | Main | 「最大の苦しみ」と「法を知ること」、「表面の束縛」と「内面の自由」 »