« サラリーマンの持つ一面への気づき | Main | 夕日の詩、そして太陽の衣装直し »

June 29, 2011

夏の風、郷里の夏を想い出す

夏の風を感じる季節になった。

故郷の裏山の蝉の声。裏山の梨ばたけ。蝉採り竿を持った子供の私が裏山を駆け巡る。

ラジオ体操の音。朝顔の露。

暑くても好い。夏が廻って来たことが嬉しい。

私は、夏と戯れる。

|

« サラリーマンの持つ一面への気づき | Main | 夕日の詩、そして太陽の衣装直し »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« サラリーマンの持つ一面への気づき | Main | 夕日の詩、そして太陽の衣装直し »