« 清々と、凛々と、「今ここ」を生きる | Main | 岡本敏子著、「いま、生きる力」 »

May 23, 2011

心地好く、翻弄されて生きる

"もう一人の自分"の存在がはっきり意識されていれば、多少人生に翻弄されても、大丈夫のような気がする。"もう一人の自分"とは仏性、内面の教師。

打撃・衝撃を消化し、それは神から自己への暗示だと思い、吸収する力があれば、何があっても大丈夫。そこは涅槃のようなものかも知れない。一元を知り、二元に遊ぶ境地ではないかと思う。

人生の渦潮に翻弄されても、流れにぐるぐる回されながらも、「これは一体何?」と、神からのメッセージに興味が湧いて来るような余裕さえ出て来る。不幸の只中と云うより、小さな驚きの衝撃。

何があっても、人生は、輝いて、「今ここ」がある。

|

« 清々と、凛々と、「今ここ」を生きる | Main | 岡本敏子著、「いま、生きる力」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 清々と、凛々と、「今ここ」を生きる | Main | 岡本敏子著、「いま、生きる力」 »