« 赤穂・四十七士の供養、 | Main | 「街道の果てー死の了解」、高校同窓会で頂いたエッセイ »

May 29, 2011

「今ここ」に安らぐか、焦るか、

煩悩を抑え、「今ここ」に、永遠性を感じることは修業の極致。宇宙との一体化。

煩悩を解放して、「今ここ」を感じるのが苦悩、堕落。個の飽くなき主張。寂しさの地獄。

「今ここ」にも、全く逆の境地がある。

「今ここ」を感じて安らぐか、焦るかで、どちらの「今ここ」を感じているのかがわかる。


|

« 赤穂・四十七士の供養、 | Main | 「街道の果てー死の了解」、高校同窓会で頂いたエッセイ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 赤穂・四十七士の供養、 | Main | 「街道の果てー死の了解」、高校同窓会で頂いたエッセイ »