« ソウルの日本大使館前で募金活動続ける従軍慰安婦のおばさん | Main | 不幸に恵まれると云うこと »

April 05, 2011

これが「生きる」こと・・・・、私は生きる

津波から3週間の海上漂流後、海上保安部のヘリコプターで、救助された犬が、気仙沼の避難先にいる50代男性の家族のもとに帰った。

今朝の日経新聞30面の小さな社会記事に、、掲載されていた。

「妻が動物愛護センターを訪れたところ、犬は尻尾を振って大喜び。センター職員らに見せる態度とは全く異なり、飼い主と判断した。」

「・・・・全く異なり、飼い主と判断した」と云う部分に、・・・・・、何故か、これが「生きる」ことだと、・・・・・、私の魂は叫んで泣いた。


|

« ソウルの日本大使館前で募金活動続ける従軍慰安婦のおばさん | Main | 不幸に恵まれると云うこと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ソウルの日本大使館前で募金活動続ける従軍慰安婦のおばさん | Main | 不幸に恵まれると云うこと »