« 神への甘え、そして懺悔、「妙好人」 | Main | 執着、水をつかむが如し »

April 11, 2011

「見つかるまで探す」、瓦礫の中に

今朝のブログを書いた後、TVで、震災から1ヶ月が経った今も、瓦礫の中で、棒っきれを持ち、瓦礫をつついて、小さな我が子を探し続ける父親の姿が放送された。

108人中74人の行方不明の石巻・大川小学校の子供達。8歳のあどけない和(なごみ)ちゃんを、探し続ける佐々木利充さんの姿だった。あの日から、両親で、和ちゃんを探し続ける時間は止まったまま。

「見つけるまで探す」と、お父さんは云った。「見つけるまで、探す」と、今も、瓦礫をつついていた。

こんな人を見せられると、私は突き上げる想いを、抑えられない。


|

« 神への甘え、そして懺悔、「妙好人」 | Main | 執着、水をつかむが如し »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 神への甘え、そして懺悔、「妙好人」 | Main | 執着、水をつかむが如し »