« 一緒に旅したい人、死の床でそばにいて欲しい人、そして命への気づき | Main | 昼休みに、道元禅師の歌、 »

April 27, 2011

運動が癌予防と若さの元、空腹で寝るのが若さの元、

先日米国ニューヨーク州医師の斉藤真嗣先生の講演で、運動が癌を防ぐ効果との話を聴いた。それを、オーットー・ワールブルグ効果と云うらしい。

有酸素運動(散歩などゆっくりした運動)が、ミトコンドリアを増やし、癌を防ぎ、また若さの元たる成長ホルモンの分泌を促すと云う。

成長ホルモンは、70%は睡眠中に分泌すると云う。睡眠が若さの源泉と云うこと。残り、30%は、運動時、空腹時に分泌すると云う。寝る前の空腹が特に大事とのこと。寝る4時間前までに、食事は済ませて。空腹で寝ることが、若さの秘訣だと云う。

運動(毎日、男性で9000歩から10000歩: 女性で7000~8000歩)、が癌を防ぎ、また若さを保つポイントとは、良い話を聴いた。

そして、空腹で寝るのが、そんなに大切だったとは驚き。


|

« 一緒に旅したい人、死の床でそばにいて欲しい人、そして命への気づき | Main | 昼休みに、道元禅師の歌、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 一緒に旅したい人、死の床でそばにいて欲しい人、そして命への気づき | Main | 昼休みに、道元禅師の歌、 »