« 死を悲しむのと、生きて来たことへの感謝、 | Main | 坐禅道場、勤労奉仕終了 »

April 30, 2011

みなと共にある喜び、

思い通りにならなくても、不幸であっても、みなと共に、同じ境遇である時に、安心感や、喜びさえも出て来るのは何故だろうか?

やはり、宇宙の真理は、「自他一如」ではないか。

みなと同じく不幸で、苦しくて、金持ちでなくて、偉くなくてよい。突出して成功しても、そこには後ろめたく、疎外感に苛まれ、安らぎは無いと思う。

みなと共にあることに喜びがある。それは、一体感がもたらす安心感。

|

« 死を悲しむのと、生きて来たことへの感謝、 | Main | 坐禅道場、勤労奉仕終了 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 死を悲しむのと、生きて来たことへの感謝、 | Main | 坐禅道場、勤労奉仕終了 »