« "一人占め"の発想が苦の根源? | Main | "津波を背に仁王立ち"渡辺巡査に敬礼、魂を揺さぶられる »

April 03, 2011

不幸が似合う人生もよし

人生には、不幸が似合うくらいで丁度よい。

人生には、多少の不幸が無ければ、自分だけ幸せいっぱいでは、心苦しかろうと思う。

私には、これくらいの不幸があって当然で、寧ろ、その不幸が似合うくらいで丁度よいと考える。

不幸が似合う人生も、大自然の光景の一部ではないか。それで、よい。

|

« "一人占め"の発想が苦の根源? | Main | "津波を背に仁王立ち"渡辺巡査に敬礼、魂を揺さぶられる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« "一人占め"の発想が苦の根源? | Main | "津波を背に仁王立ち"渡辺巡査に敬礼、魂を揺さぶられる »