« 逆さまに見る花火、滑稽な親子のシーン | Main | 苦しみの解決は、二元論には存在しない、 »

April 24, 2011

闇は光を求める、

今朝は、小鳥の声で目が覚めた。小鳥が、私の部屋のそばまで近づいて、ピーピーと鳴いてくれて嬉しかった。わかった、わかったと、私は起きた。

昨日の住職の話、「カルマ(業)」のことを想い出す。

私にとって、カルマは人間を、苦しめ、翻弄し、迷わせ、追い詰める、忌まわしきものであった。

住職は、「カルマこそ、カルマを消す力」、「闇は光りを欲しがる」、「カルマは光りが造りあげたもの」と、説かれた。

内面の教師、もう一人の自分と、言葉を交わす。

その、もう一人の自分が、私といつも共にあることを気づかせてくれる。

その、もう一人の自分が、今朝、朝陽のもと、小鳥と戯れている。


|

« 逆さまに見る花火、滑稽な親子のシーン | Main | 苦しみの解決は、二元論には存在しない、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 逆さまに見る花火、滑稽な親子のシーン | Main | 苦しみの解決は、二元論には存在しない、 »