« 闇は光を求める、 | Main | 一緒に旅したい人、死の床でそばにいて欲しい人、そして命への気づき »

April 25, 2011

苦しみの解決は、二元論には存在しない、

大惨事や、災害、人間の苦しみには、一元論でなければ、受けとめることが出来ない。 「二元論では、ごまかしになってしまう。」と,住職は、つぶやかれた。

「生死が仏の命なり」、生と死が合わさって一つと見る思想。

"個"で見るから、地獄、餓鬼、畜生の世界に迷い込む。"個"で見るから、心が乱れてしまう。住職の云う言葉には、深いものがある。

瓦礫の中に咲く一輪の花のことを、住職は添えて説明してくれて、私は住職の云う一元の世界のことを想った。

|

« 闇は光を求める、 | Main | 一緒に旅したい人、死の床でそばにいて欲しい人、そして命への気づき »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 闇は光を求める、 | Main | 一緒に旅したい人、死の床でそばにいて欲しい人、そして命への気づき »