« "津波を背に仁王立ち"渡辺巡査に敬礼、魂を揺さぶられる | Main | これが「生きる」こと・・・・、私は生きる »

April 05, 2011

ソウルの日本大使館前で募金活動続ける従軍慰安婦のおばさん

昨日、インターネットで朝鮮日報の3月30日の東京特派員コラムの素晴らしい記事に感銘を受けた。

日本政府は30日、予定通りに中学校の歴史、地理、公民の教科書の検定結果を発表する。独島(日本名・竹島)は日本領だという内容が強化される見通しだ。せっかくの韓日友好ムードに冷水を浴びせるのは明らかだ。しかし、それによって、死の恐怖に苦しむ日本の平凡な人々に対する温かい心まで捨ててはならない。ソウルの日本大使館前で募金活動を続けている従軍慰安婦のおばあさんの心こそ、国の品格を高めるという事実を忘れてほしくない。ー東京=辛貞録(シン・ジョンロク)特派員の記事ー

私は、このような人達がいることで、人間を、人生を、美だと考えることが出来る。

|

« "津波を背に仁王立ち"渡辺巡査に敬礼、魂を揺さぶられる | Main | これが「生きる」こと・・・・、私は生きる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« "津波を背に仁王立ち"渡辺巡査に敬礼、魂を揺さぶられる | Main | これが「生きる」こと・・・・、私は生きる »