« 地球に不時着、 | Main | 「かっこいい」と云うこと、哲学カフェで考えたこと、 »

April 15, 2011

コートを忘れて・・・・、それも縁、人生の新鮮な1ページ、

一昨日、不注意で電車の中にコートを忘れ、昨日夜、会社帰り、東京メトロの上野駅・忘れ物取り扱い所に受け取りに行った。

上野駅は、「何処かに故郷の香りを乗せて♪」の歌が自然と心に浮かんで来る。年末賑わうアメ横にも立ち寄ってみた。アメ横の売り子のお兄さんとの会話も粋に感じた。そして、如何にも上野らしい居酒屋に入り、ちょっと一杯。また、飲んだ焼酎が、「問わず、語らず、名も無き焼酎」と云う名で、名前にも酔った。

せっかくだからと、上野公園に登ってみると、木々も真っ暗で、桜も見えず、人影もまばらだった。目を凝らして、上を見上げると、桜は確かに咲いているが、ただ真っ暗で見えないだけであった。ヘえー、こんな桜もあるんだと、寧ろ、新鮮に驚いた。「心の灯りをともせば、満開の桜か」。住職の云う「法を灯とせよ」など、密かに想い出し、嬉しくもなった。

東神奈川駅まで帰って来たら、ほろ酔いの町内会の方々4人とばったり。町内に家のあるバンコク勤務の元の会社の後輩も一時帰国中で、久し振りの再会であった。居酒屋で、町内会の祭りの話などで、盛り上がり、面白い展開の一日だった。

これも、みんな私の失敗(不注意)の忘れ物がもたらしたこと、私の人生の1ページ。「参ったなー」と思う状況にも、置かれた状況を味わえば、よい味わいではないかと思った。返って来たコートに、「有難う」と云った。

|

« 地球に不時着、 | Main | 「かっこいい」と云うこと、哲学カフェで考えたこと、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 地球に不時着、 | Main | 「かっこいい」と云うこと、哲学カフェで考えたこと、 »