« リビアでは、バーレンでは今 | Main | いた!、いた!、 母と同じこと云う人が、 »

March 21, 2011

覚悟と希望のつぶやき

本来、誰しも、"突然死ぬかも知れない存在"、"覚悟すべき存在"であることに気づいた。

大自然の営みは、人間の権利とか、誰かをエコひいきしたり、特別視はしていない。存在においては、虫でも、細菌でも、動物でも、石ころでも、何でも同じもの。

人間は、自然界で、周りを人為的に作用させて便利に生活してるものが多いだけ、傲慢になっていたのだと思う。自分の人生にも、自信過剰・横暴になっていたのだとも思う。滑稽なくらいの自信と権利意識。単なる勘違い。

そして、同時に、静かに自然を見詰めると、"突然また生まれ代わっている存在"であることにも気づいた。

単なる現象の移り変わり。大自然には変わらない意思がある。

人間の目には、破壊と誕生に見えるが、それは、単なる現象の移り変わり。自分が、小さく見えたり、大きく見えたり。自分も大自然の一員であることは、覚悟でもあり、また希望でもある。

|

« リビアでは、バーレンでは今 | Main | いた!、いた!、 母と同じこと云う人が、 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« リビアでは、バーレンでは今 | Main | いた!、いた!、 母と同じこと云う人が、 »