« 他者救済の迫力、人間の美 | Main | 「会いたいけど、来ないで」と云う母、仏性を見る想い »

March 16, 2011

非難するのではなく、感謝する心に目覚めた人もいる

私の属するHippo 語学クラブのグループメールに、次のような感動するメールも送られて来た。

「電力会社や鉄道などいろいろなこと(人)に支えられ、そこに「甘え」がある中、生活しているという、「豊かさ」を改めて感じます。「自分が恵まれていたことに気づいた」とよく言いますが、「今の日本人がいかに恵まれ、いかに社会に甘えているか」を改めて考える機会であるとも感じました。明らかに赤字国債は異常ですし、使いすぎ(豊かさとは何?)を考える機会とも感じます...。」

電力会社・鉄道会社を非難するのではなく、国民としての正気を促す言葉に感動した。

「打撃・衝撃は、己を学ぶ暗示なり」と思う。

|

« 他者救済の迫力、人間の美 | Main | 「会いたいけど、来ないで」と云う母、仏性を見る想い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 他者救済の迫力、人間の美 | Main | 「会いたいけど、来ないで」と云う母、仏性を見る想い »