« 渡り鳥の詩、人生の詩 | Main | 帰宅難民、こんな日にも朝日が綺麗だった。東北・関東・大地震 »

March 11, 2011

喪失感の大きさの背景は、執着と云う名のエゴ?

人格の完成に近い人が目指すものは、周りの人に希望を失わせる死であってはならないと思う。

周りの人が、喪失感と、悲しみのあまり、生きて行けなくなるならば、亡くなった人は成仏出来るだろうか?

ひとしきり泣いたら、めそめそしないで、シャキっとして、その亡くなった人の励ましで、元気に生きて行くことが出来てこそ、その人間関係は磐石だったと云える。

己の中に、愛する対象が生き始めるような境地になれば、死による隔たりの悲しみは力を失う。

執着と云う種子は、水と光と栄養を与えれば、大きく育って人を苦しめる。執着する心は、相手にせず、邪魔にもせずで、自然消滅すると云う。

住職は、自分の身体を気遣ってくれる人に対して、「心配するな。私はどこにもいかぬ。」とおっしゃる。そして、将来、もし弟子達が悲しむならば、何の為に修業して来たのかと嘆かれると思う。思い切り、「活」を入れられると想う。

私の母もそう。今でも、時々私に、「活」を入れてくれる。

|

« 渡り鳥の詩、人生の詩 | Main | 帰宅難民、こんな日にも朝日が綺麗だった。東北・関東・大地震 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 渡り鳥の詩、人生の詩 | Main | 帰宅難民、こんな日にも朝日が綺麗だった。東北・関東・大地震 »