« 人生は、ただ、帰る道 | Main | レセプションで飛行機の売り込みの立ち話の怪 »

March 02, 2011

2歳の女の子かすみちゃん、ヒッポクラブ

昨日は、会社帰りに、ヒッポクラブ(多言語学習クラブ)の例会に出た。後から、2歳の女の子、かすみちゃんがお母さんと一緒に部屋に入ろうとして、スーツ・ネクタイ姿の私を発見。

かすみちゃんは、突然、固まってしまった。おじちゃんが恐いのだ。おしゃぶりを口につけたまま、仁王立ちで、部屋に入らず、ジーッと私の方を見詰めている。泣きそうな顔。

私は、優しい顔をするのだか、泣きべそをかいて、私を恐がる態度はかわらない。

参加者のお母さん達は大笑い。

私は、そのようなかすみちゃんが、可愛くて、思わず写真を撮ってしまった。

幼児から見た世界に思いを馳せると、哀しいくらい、人生の情景が美しい。ごめんなさい、かすみちゃん。

|

« 人生は、ただ、帰る道 | Main | レセプションで飛行機の売り込みの立ち話の怪 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 人生は、ただ、帰る道 | Main | レセプションで飛行機の売り込みの立ち話の怪 »