« ブラームスの子守唄 | Main | 水を掴む、河頭に水を売る、衝撃の効用 »

February 05, 2011

外人に禅を伝える

昨日、新宿の坐禅会に、時々出られる米国人の若い女性も参加していた。時折、坐禅の途中で、話される住職の講話の内容を、坐禅の後の懇親会の時、要約して伝えた。

「波と大海」のこと、「春は花、夏ホトトギス、秋は月の境地」、「晴れて好し曇りても好し富士の山の境地」、など英語で伝えた。

すぐに分かってくれて、元々禅に関心がある人には、説明し易かった。

時折、リラックスして、得意の英語のギャグも交えた。彼女は少し日本語も分かるようで、私のギャグに、失笑していた。

禅の思想に触れて、人生の重い荷物が軽くなる人が多くいる。私もその一人。そして、禅の思想を伝える喜びがある。

|

« ブラームスの子守唄 | Main | 水を掴む、河頭に水を売る、衝撃の効用 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ブラームスの子守唄 | Main | 水を掴む、河頭に水を売る、衝撃の効用 »