« それぞれに違ったエサが要る生きもの、と思えば楽になる | Main | 河津桜との遭遇 »

February 25, 2011

じっとしてたら焼かれる思い、涙の効用、懺悔は子供に返ること、

苦しい時、じっとしていたら焼かれるような、じっとしてられないような、苦しみに合う時がある。そんな時は、人は何かし始める。

作務も好し、仕事も好し、旅も好し、歩くも好し。

インドでは、自殺者は少ないと云う。インドの人々には祈りがあるからとも云う。

人は涙する時、エゴ性がゆるむので、楽になると云う。

人は懺悔する時、頑張る大人ではなく、親に甘える子供になって、素直に「ごめんなさい」と云える。

数日前の住職の言葉のメモを書いたノートを、読み返し、心の中で反芻する。

|

« それぞれに違ったエサが要る生きもの、と思えば楽になる | Main | 河津桜との遭遇 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« それぞれに違ったエサが要る生きもの、と思えば楽になる | Main | 河津桜との遭遇 »