« マブルーク・メッセージ届く、日本サッカー優勝 | Main | 「一応」の英訳の遊び »

January 31, 2011

足りないもの補うとするから、修業できない

住職から、修業する者の覚悟を試す時の話を聴いた。

足りないものを補おうとするから魔教に入る。

歴史に名を残すほどの名僧達は、弟子達に、自分の仏性(アートマン)を分かったものしか、修業はさせなかったと云う。汝はそれなり。絶対大丈夫から入る。

修業とは、何かを得るのではない。捨てて捨てて、捨て抜いて行くのが修業。己のカルマ(前世も含めての、過去の経験の印象・気分の総称)を脱ぎ捨てて行く過程が修業。

己の仏性に気づかせてくれるのは、苦や悲しみや逆境。

救いの入り口が、苦・悲しみ・逆境だったとは。涙が出て来る。

|

« マブルーク・メッセージ届く、日本サッカー優勝 | Main | 「一応」の英訳の遊び »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« マブルーク・メッセージ届く、日本サッカー優勝 | Main | 「一応」の英訳の遊び »