« 「無条件幸福」、2011年新年の想い | Main | 無人島・巌流島に、ただ一人体験 »

January 02, 2011

明治・大正の世界、門司港駅へ

昨日午後、早くも、横浜への帰りの旅へ出発した。今回の帰省で、高校時代の友達にも会えた。四国から帰省の親友にも大牟田で会えた。

20代、放浪中、逗子のヴェーダンダ協会にも行ったことがあると云う親友は、喫茶店で、すごいことを云った。現在、生物多様性に関心が高い彼は、「生命は一つ、その現れを人は様々な名で呼ぶ」と云う感覚を語った。「自他一如」の世界を彼から聴こうとは・・・さすが私の親友と、嬉しい驚きだった。

昨日夕方、雨に煙る、門司港駅に到着した。初めて足を踏み入れる門司港の街。駅舎から看板、店など、全て明治・大正っぽい、映画のロケかと想うレトロな街にうっとり。

対岸に下関の灯りを見るホテルで、今年の抱負など、どう生きて行くか、静かに考えるひと時であった。

今日、小倉から新幹線で夕方には、もう横浜。ハッと我に返るような横浜。


|

« 「無条件幸福」、2011年新年の想い | Main | 無人島・巌流島に、ただ一人体験 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「無条件幸福」、2011年新年の想い | Main | 無人島・巌流島に、ただ一人体験 »