« 母性の凄さの示唆 | Main | 九州帰省途中下車の旅、初めて訪れた倉敷 »

December 27, 2010

寂しく無い境地に共感

住職は、一人居る時も今は、寂しくはないと云う境地を語ってくれた。

草木と話が出来る。風と話が出来る。月と笑顔で話も出来る。

そんな境地であれば、一人でいても、寂しくはない。

私も、その境地は、共感することができる。

物理的に一人である事が、寂しいとは、ちょっと幼児っぽく感じる。

人と一緒の時間も好し、一人の時間も好し。


|

« 母性の凄さの示唆 | Main | 九州帰省途中下車の旅、初めて訪れた倉敷 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 母性の凄さの示唆 | Main | 九州帰省途中下車の旅、初めて訪れた倉敷 »