« 房総・館山・能忍寺へ一泊訪問 | Main | 宇宙と私の距離、真我と私の距離 »

December 24, 2010

「明るく前向きに」、は脆(もろ)い

昨日、館山(能忍寺)で、また、衝撃的な住職の言葉に出遭った。

「明るく前向きは脆い」

先日(10月末)の講演会で、住職が話された時の引用逸話の中にあった。講演会に行けなかった私は、その時のビデオを見せて貰ってる中に発見し、衝撃が走った。

哀しみの共感の中にこそ、深い安らぎがある。

自殺しそうな人に、「死ぬのは止めろ」では、ちっとも、その心には届かない。

「そうだね、辛いね」と云う深い共感があれば、その人は救われる。

私は、すぐ分かった。「明るく前向き」と云う言葉の持つ薄っぺらさ、突き放したような冷たさの部分が。

「明るく前向き」に生きる人の脆さを、すぐ直感した。

そんな体験をした館山の丘の上から見る、昨日の富士は、海を隔てて、一段と輝いて見えた。

|

« 房総・館山・能忍寺へ一泊訪問 | Main | 宇宙と私の距離、真我と私の距離 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 房総・館山・能忍寺へ一泊訪問 | Main | 宇宙と私の距離、真我と私の距離 »