« 朝鮮半島情勢、危険水域突入 | Main | 「少食が長寿」の示唆 »

December 19, 2010

一元を説ける相手か否か?、相手の苦しみの体験の度合い次第

五感六識の運転を止めることで、一元の世界、大海の世界に近づく。

一元の世界、悟りの世界は、その必要性を感じない人には、不快・不可解なものと感じられる。

苦しみからの解脱を真剣に求める人にのみ門は開かれる。苦しみの根源の追求が浅い人は、自ら道を閉じたまま。

「門をたたけ、さらば開かれん」。

五感六識の世界で、心地好さを幸せと思う人は、その五感六識により、苦から逃れられないこともいずれは知ることになると思う。

五感六識は、生物としての生きて行くための武器、だがその武器は両刃の剣。

昨日の住職の教えであった。

|

« 朝鮮半島情勢、危険水域突入 | Main | 「少食が長寿」の示唆 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 朝鮮半島情勢、危険水域突入 | Main | 「少食が長寿」の示唆 »