« 一元を説ける相手か否か?、相手の苦しみの体験の度合い次第 | Main | 闇と光の一体性 »

December 20, 2010

「少食が長寿」の示唆

長寿遺伝子を発見したガレンテ教授曰く、「カロリー制限と運動こそ、人間の長寿遺伝子活性化には重要」。

確かに、若干お腹空いた状態って、悪いもんじゃない。何か精神活動、精神性高い様で、かっこいい。そして案外心地好い。

お腹一杯食べてしまうと、なんか馬鹿みたいに、のんびりとして、けだるく、精神活動も鈍る。決して心地好さは継続しない。

何事も、ちょっとした、余白・余裕みたいなものが、残ることが、達人。目いっぱいは、不安定。

運動も、ガレンテ教授が云わんとするのは、長寿には適度な運動が必要との意味だろう。運動も目いっぱいやると、反対に身体を壊す。

自然界の呼吸を感じるように、静かに調和して生きることの素晴らしさを思う。


|

« 一元を説ける相手か否か?、相手の苦しみの体験の度合い次第 | Main | 闇と光の一体性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 一元を説ける相手か否か?、相手の苦しみの体験の度合い次第 | Main | 闇と光の一体性 »