« 「少食が長寿」の示唆 | Main | 娘との銀座待ち合わせ、小さなクリスマス・忘年会 »

December 21, 2010

闇と光の一体性

カルマ(業)は、光を引き出す。損得、良し悪し、五感の作用は全てカルマ。

闇があるから光が出て来る。闇が無くなれば、光も無くなる。共に無くなる。それが統一。

闇と光は、一対のもの。

「油断するな、ものが二つに見えるぞ」、小浜、仏国寺の老師に、住職は云われたと云う。

カルマがあるから悟りがある。

カルマも悟りも共に消える境地、「生ぜず、滅せず」の世界が拓ける。


|

« 「少食が長寿」の示唆 | Main | 娘との銀座待ち合わせ、小さなクリスマス・忘年会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「少食が長寿」の示唆 | Main | 娘との銀座待ち合わせ、小さなクリスマス・忘年会 »