« 戦後60年、突然開戦前夜の緊張 | Main | 世田谷・尾山台、今シーズン初めての干し柿を買う »

November 28, 2010

年末の切符予約のシーズン、そして湘南歌声喫茶

昨日は、年末の新幹線の切符予約のため、JR東神奈川駅に朝7時に並んだ。一ヶ月前の同日分の発売のため、11月27日に並べば、12月27日分が買える。例年のように、往路。復路、途中下車の旅を、岡山・倉敷、山口・下関当たりで、計画。この数日、毎日駅に並ぶ感じである。

その年、その年の想い出に、初めて行く場所を探す。数年前の、鞆の浦は瀬戸内海が最高に綺麗だった。また行きたいが、なるべく同じ場所は避けることにしている。新しい世界を見れなくなるから。

昨日は、切符で並んだ後、一旦家へ帰り、その後、朝8時、いつものように、行きつけの洗濯屋さんへ行き、また朝9時半は近所の図書館に図書返却&借り出し、そして、やっと昼12時、今度は本格的に出掛けた。結局、午前中に4回も家を出たり入ったり、忙しかった。

湘南台での歌声喫茶「湘南ともしび」13:30-15:00に、2回目の参加。明治大学マンドリンクラブのOB・OGの方々を中心とした歌声喫茶。昨日は、"ああ上野駅"に、ジーンと来たなー。今、歌声喫茶では人気の高い"愛のままで"の歌も、確かにいいなーと思った。

行きは横浜市営地下鉄・ブルーラインで行き、帰りは相鉄線で横浜へ帰って来た。湘南台って街は、ちょっと品があって、解放的で、何となく好きな街。

|

« 戦後60年、突然開戦前夜の緊張 | Main | 世田谷・尾山台、今シーズン初めての干し柿を買う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 戦後60年、突然開戦前夜の緊張 | Main | 世田谷・尾山台、今シーズン初めての干し柿を買う »