« 夜空のシンフォニー、パステル画・萩尾紅子展、江ノ島 | Main | 琵琶湖に浮かぶ沖島、保元の乱・平治の乱、源氏の落人 »

October 25, 2010

平日夕方の閑散とした江ノ島の光景

先週金曜日、午後休暇をとって、鎌倉・腰越に絵画展を見に行った帰り、近くにある、江ノ島を夕方5時半過ぎに散策した。

休日の日中の賑わいとは、うって変わって、人影は少なく、閑散とした光景に、驚いた。

私は、江ノ島の入り口にあるビルの2階の寿司店から、夜景の腰越、鎌倉方面を見るのが好きだ。2006年、ノルウェーの友人の娘さんがバックパッカーで来日した時、連れて来た店でもある。

この季節は、5時過ぎから、暗くなる。帰る時、もう7時半くらいになると、深夜の様な静けさだった。

店の人に聴くと、平日の夜の人通りは、こんなものなのだそうだ。冬の雨の日の平日の夕方なんて行ったら、無人島みたいに静まり返っているかも知れない。そんな日は、寧ろ、トレンンチコートの襟を立てて、一人訪れてみたら、面白そう。

店の情報では、11月27日、江ノ島の振興策で、初めて冬の大花火大会をやるとのこと。夏の花火の1000発に対し、この日は、何と5000発の予定とのことだった。冬の寂しさを紛らすイベントの様に思えた。

平日の秋の夕方の江ノ島は、私にとっては、とても、幻想的な島だった。

|

« 夜空のシンフォニー、パステル画・萩尾紅子展、江ノ島 | Main | 琵琶湖に浮かぶ沖島、保元の乱・平治の乱、源氏の落人 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 夜空のシンフォニー、パステル画・萩尾紅子展、江ノ島 | Main | 琵琶湖に浮かぶ沖島、保元の乱・平治の乱、源氏の落人 »