« 琵琶湖サイクリング | Main | 平日夕方の閑散とした江ノ島の光景 »

October 24, 2010

夜空のシンフォニー、パステル画・萩尾紅子展、江ノ島

先週金曜日、午後半休を取り、江ノ島近くの腰越で開催中の、パステル画・萩尾紅子さんの個展を見に出掛けた。

妙高の雪原に住み、指で描く、独特のパステル画の画家、萩尾紅子さん。スピリッチュアルな、遺伝子が、描かせるような、神秘的な表現。

坐禅で云う、一元の世界と二元の世界を、同時に描いた様な、新鮮な神秘性がある。

夜空のシンフォニーと題された絵は、夜空一杯に浮かぶ、ヤマボウシと云う白い花の絵だった。夜空には、圧倒的な、神秘性があるが、白い花で、思いっきり夜空を表現するところは、すごいなーと思った。

何か、禅にも通じる新鮮な世界でもあった。

会社を休んでも行く価値のある、夕方の江ノ島への小さな旅だった。

|

« 琵琶湖サイクリング | Main | 平日夕方の閑散とした江ノ島の光景 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 琵琶湖サイクリング | Main | 平日夕方の閑散とした江ノ島の光景 »