« 池上本門寺、お会式、初見物 | Main | 哀しいほどの美しさ »

October 14, 2010

チリ鉱山作業員救出、人間の仏性をみる想い

チリの鉱山落盤事故で、地下600メートル、気温約35度、湿度約90%という過酷な閉鎖空間で、33人の作業員はなぜ精神的に耐えることができたのか。専門家は、作業員らが11人ずつ当直と睡眠、休養の3交代シフトを組んだことに注目したと云う。これにより、閉じこめられた作業員全員が「仲間が生き残るために貢献している」と感じることができ、それが精神的な支えになったとみる。そんな記事がインターネットに出ていた。

また、全員が、「自分は最後でよい」と救出順番を譲りあったことに、感激した。

「己いまだ渡らざる前に、一切衆生を渡らせんと発願する」(自未得度先度他)、住職からよく聴く仏性のほとばしりを想った。芥川龍之介の「蜘蛛の糸」のことも想った。

12日住職がインドから帰って来られた翌日の、チリ作業員救出のニュース。住職の、姿を想い出した。

|

« 池上本門寺、お会式、初見物 | Main | 哀しいほどの美しさ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 池上本門寺、お会式、初見物 | Main | 哀しいほどの美しさ »