« 危機は、寝ている遺伝子のスイッチを入れてくれる | Main | 真理探求は「驚き」に始まる、ーアリステレスの言葉ー »

September 14, 2010

小沢嫌いと軟弱嫌いの戦い、日本の過渡期

今日は、日本の迷走を象徴する決戦の日。

国民的には人気の薄い小沢一郎氏が、指導力・人望欠如の管総理の反作用として浮上する始末。

私は、徳川家康の関が原の勝利の様に、意外な票(小早川勢)が大勢を決め、小沢氏が勝利するのではないかと思う。

だが、どちらに転んでも、この二人の戦いで、ともに倒れ、早く二人とも、政界から去って、新しい時代に道を開いて欲しい。

自らを捨てて、社会へ尽くす気概のある政治家、の誕生を望む。

|

« 危機は、寝ている遺伝子のスイッチを入れてくれる | Main | 真理探求は「驚き」に始まる、ーアリステレスの言葉ー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 危機は、寝ている遺伝子のスイッチを入れてくれる | Main | 真理探求は「驚き」に始まる、ーアリステレスの言葉ー »