« 「38億歳の赤ちゃん」、村上和雄先生(遺伝子研究)の表現 | Main | 小沢嫌いと軟弱嫌いの戦い、日本の過渡期 »

September 13, 2010

危機は、寝ている遺伝子のスイッチを入れてくれる

全ての遺伝子情報は一つの細胞の中にも込められていて、ただスイッチが切られているだけ。一つの細胞でも取りだして、それを危機状態(飢餓状態)にすると、そのOffの遺伝子のスイッチが入る。その手法でクローン羊が誕生した。

これも、先日の村上和雄先生の講演で得た衝撃。

危機は、寝ている遺伝子のスイッチをオンにする。

人生も同じだなーと思う。

危機が無いと、人間の能力も開花しない。


|

« 「38億歳の赤ちゃん」、村上和雄先生(遺伝子研究)の表現 | Main | 小沢嫌いと軟弱嫌いの戦い、日本の過渡期 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「38億歳の赤ちゃん」、村上和雄先生(遺伝子研究)の表現 | Main | 小沢嫌いと軟弱嫌いの戦い、日本の過渡期 »